サービス一覧

法律事務所というのは、弁護士事務所とほぼ同義と考えて構わないのでしょうか。
これはそう考えて構わないでしょう。
通常こういう事務所は一人、または数名の弁護士さんがいて、事務員の人が雑務を行っているわけですが、最近では弁護士法人といって、弁護士がお金を出して共同運営する法人組織もあります。
このような法律事務所は所属する弁護士の年代も広く、また人数も多いので、大きな仕事を引き受けられるのが強みです。
それから、こういった事務所にはいわゆる隣接法律専門職、たとえば司法書士や社会保険労務士などが一緒に仕事をしていることもあります。
ですから引き受けた仕事の中で、弁護士の権限だけではできない部分があった場合、こういう司法書士や社会保険労務士と、分担して進めることができるのもメリットといえます。
もちろんこのような士業の法人組織は、法律事務所だけにとどまらず、税理士や会計士などの法人もあり、全国展開しているかなり大きな法人もあります。